その3 言語とは何か h3mインタビュー酒井邦嘉 of h3m

logo_green75.png

デジタル時代の人やモノの距離感 ブログよりもややフォーマル、原稿にするには個人的なこと

「言語とは何か?」 h3mインタビュー 言語脳科学者 酒井邦嘉 3/全4回

「21世紀の距離感」につづき、「言語とは何か?」「ツイート、短縮の不思議」など、最先端の言語脳科学者、酒井邦嘉先生インタビューの続編です
前回までインタビューはこちらLinkIcon

酒井邦嘉(さかい くによし)1964年、東京生まれ。1987年、東京大学理学部物理学科卒業。1992年、同大大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士。1995年、ハーバード大学医学部にリサーチフェローとして留学。1996年MIT(マサチューセッツ工科大学)で言語・哲学科客員研究員を経て、現在は東京大学大学院総合文化研究科准教授。『言語の脳科学』(中公新書)で第56回毎日出版文化賞受賞。他に『科学者という仕事』(中公新書)、『脳の言語地図』(明治書院)など著書多数。

h3m:言語とは何なのでしょうか?

酒井:「言語とは何か?」というのはとても深い質問で、いろいろな答え方があると思います。人間は、あらゆるとき、何かを考えるときでも常に言語を使っています。言語があるというのが、人間の基礎ではないでしょうか。

それは人間を支えている最も根本的な能力で、エンジンのようなものになると思います。言語がうまく働いているうちは、我々はその存在を特に意識することはありません。常に脳の中で自分を支え続けている。例えば、車にトラブルがあって動かなくなったときに初めてエンジンの存在に気がつくのと同様に、人間の脳が普通に働いているときには、言語をほとんど意識しませんね。脳の病気や怪我などで突然言葉を話せなくなったときや、新しい外国語を学習して使うときに、「何でこんなに自分は言葉が使えないんだろう?」と自覚するわけです。

つまり、思考言語としての言葉は、人間の中にある一番根本的な部分だと思いますね。

h3m:人間にとって「誰かに何かを伝える」以外に、言語は役に立っているのでしょうか?

酒井:自分自身の思考を含めたすべてに役に立っています。文章を読んだり書いたりするときはもちろん、芸術を解釈したり、創ったりするときにも言語は使われています。人は音楽を聴いて、音の連なりや流れ、そして小休止があるときにも、言葉のように解釈や理解を加えながら楽しむことができます。特に意識せずに音楽を聴けるかもしれませんが、無意識の中でさえ言語は使われているのです。

また、物を作るといった創造的な行動にも言語が使われます。人間を「人間らしく」するもの、人間だけの本能として言葉がある。それはもう、使わないでいることができないくらいです。

h3m:それは、芸術だけでなく、環境などを変えることに言語の影響はあるのでしょうか?

酒井:人間は、やみくもに環境を変えているだけではないと思います。自分の家、畑、公共施設など、いろいろなものを作る。目的を持って、「こうしたい」とか、「こんなふうに使いたい」と考えます。その考えの中に、自然と「人間臭さ」というか、構成的で階層的なものを、言語で1つの文の中に別の文が埋め込まれていくように見ることができます。たとえば、住所を説明するときに、都道府県から区や市に分けて、さらに町に分け、さらに番地に分ける。そこに建物があり、部屋がある。そんなふうに人間が環境に働きかけていって、人間らしいものが生まれていきます。社会も含めて、人間の作る物は言語を基礎にしながら、自分の生活空間を拡げていく能力の現れなのだろうと思います。

インタビュー その4「ツイートの不思議」LinkIcon

このエントリーをはてなブックマークに追加   RSS

HOME > special > その3 言語とは何か h3mインタビュー酒井邦嘉 SPECIAL FEATURE
kuroda_banner01.png
h3mインタビュー
sakai_small01.png
トピックス
マジシャンの身体のシセイとか… NEW
マジシャンに限らず、立ち姿がステキに見えることはきっと大切なはず。それを身につけるこ…続きを読む
読書は人生の海をわたる船の錨
「活字離れ」といわれて久しいですが、ここでいう活字とは書籍のこと。ネット情報に押されて、…続きを読む
汝、キッズマジックを侮るなかれ
「キッズマジック」は子供がやるマジックではなく、子供に見せるマジックのこと。「子供に…続きを読む
オリジナルのマジック創作って
どういうこと?
ディスカッションの第二段です。今回のテーマは「マジックの創作について」。…続きを読む
カードキューブ
トランプはデザインとして優れていることが多い。そのうえ、運命や駆け引きのゲームなどに使われる…続きを読む
Rica's Column #010
前回のコラムを書きながら、昨年の夏、日本で観たある芝居を思い出した。
80年代、私がいた…続きを読む
レオナルド先生は…
スゴく有名なドローイング(素描)にレオナルド・ダヴィンチの「ウィトルウィウス人体像」がある。…続きを読む
クローゼットの話
ボクの場合は、仕事柄、スーツは必須アイテムになる。だから、家を買ったときに少し広めのウォーク…続きを読む
お互いの人生 social
友人のリチャードと、そのリチャードの友人と鎌倉に遊びにいった。ボクらが行くコースはいつも…続きを読む
P1020505_3.jpg
椅子の距離感 mind
「安楽椅子探偵」とは、ほとんど現場に赴くことなく椅子に座ったまま推理する探偵を指します。…続きを読む