ダヴィンチ of h3m

logo_green75.png

デジタル時代の人やモノの距離感 ブログよりもややフォーマル、原稿にするには個人的なこと

レオナルド先生はやっぱり正しい。

スゴく有名なドローイング(素描)にレオナルド・ダヴィンチの「ウィトルウィウス人体像」がある。先日出演したNHKの「海外ネットワーク」でもイタリアの1ユーロコインの裏面に使われていることをチョットだけ紹介した。ほとんどの人が何らかの形でこのモチーフを見たことがあるかもしれない。

© Luc Viatour (CC BY-SA 3.0)

ダヴィンチは、人間の理想的なプローポションを考察しようとして、このノートを書いたようだ。日本版 wikipedia には

このドローイングはルネサンス期の芸術と科学との融和を、またダ・ヴィンチが人体比率に強い関心を持っていたことを端的に示すものである。さらにこの作品は人と自然との融合というダ・ヴィンチの試みの基礎となる象徴的な作品といえる。オンライン版『ブリタニカ百科事典』によると「ダ・ヴィンチは自身の解剖学の知識をもとに人体図を構想し、『ウィトルウィウス的人体図』を古代ギリシアの世界観における小宇宙 (en:microcosm) のコスモグラフィアとして描いた」としている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィトルウィウス的人体図」より

なんて解説してある。

ボクがこのドローイングに興味を持ったのは、人間が住む家や道具、マジシャンが持つ四角いトランプさえもが、どんなふうに人間の身体に調和するのかを少し考えてみたかったから。トランプのサイズって世界的に見ても2種類ほどに統一されていて、ボクがよく使うのはポーカーサイズといって大きいほう。小さいのはブリッジサイズとよばれている。

このブリッジサイズ、女性もプレイすることから少し小さいサイズになっている。やっぱり、人間が使いやすいサイズなのか、クレジットカードやキャッシュカードとほぼ同じサイズだ。ボクの手の大きさには、ちょっと小さいし、お客さんやテレビカメラにとっては、少しでもサイズが大きいほうがマークや数字が見えやすいはず。だからボクはボーカーサイズを愛用している。

人間が使いやすいサイズ。それを持ったときに人から美しく調和して見えるサイズ。人間の歴史の中で自然に決められて来たサイズ。そんなトランプをつかって、マジシャンたちに考案されたカードマジックは、それこと星の数ほどもある。そんなことを想像してみると、ダヴィンチが人間の身体を「小宇宙」って解釈したのも、なんとなく理解できる気がしている。レオナルド先生はやっぱり正しい。まぁ、だれも間違ってるなんて、言ってないんだけどね(笑)。

お勧めのほかのトピック
Rica's Column #006
private 「家を買ったら幸せになれるか」

このエントリーをはてなブックマークに追加   RSS

HOME > physical > ダヴィンチ SPECIAL FEATURE
kuroda_banner01.png
h3mインタビュー
sakai_small01.png
トピックス
マジシャンの身体のシセイとか… NEW
マジシャンに限らず、立ち姿がステキに見えることはきっと大切なはず。それを身につけるこ…続きを読む
読書は人生の海をわたる船の錨
「活字離れ」といわれて久しいですが、ここでいう活字とは書籍のこと。ネット情報に押されて、…続きを読む
汝、キッズマジックを侮るなかれ
「キッズマジック」は子供がやるマジックではなく、子供に見せるマジックのこと。「子供に…続きを読む
オリジナルのマジック創作って
どういうこと?
ディスカッションの第二段です。今回のテーマは「マジックの創作について」。…続きを読む
カードキューブ
トランプはデザインとして優れていることが多い。そのうえ、運命や駆け引きのゲームなどに使われる…続きを読む
Rica's Column #010
前回のコラムを書きながら、昨年の夏、日本で観たある芝居を思い出した。
80年代、私がいた…続きを読む
レオナルド先生は…
スゴく有名なドローイング(素描)にレオナルド・ダヴィンチの「ウィトルウィウス人体像」がある。…続きを読む
クローゼットの話
ボクの場合は、仕事柄、スーツは必須アイテムになる。だから、家を買ったときに少し広めのウォーク…続きを読む
お互いの人生 social
友人のリチャードと、そのリチャードの友人と鎌倉に遊びにいった。ボクらが行くコースはいつも…続きを読む
P1020505_3.jpg
椅子の距離感 mind
「安楽椅子探偵」とは、ほとんど現場に赴くことなく椅子に座ったまま推理する探偵を指します。…続きを読む