前田知洋の女性のためのマジックレッスン

前田知洋の 女性のためのマジックレッスン
はじめてでも演じやすい 52+1の小さなマジック

HOME > ABOUT MAGIC

25sa 79812.jpg 手の中で破れたトランプが復活したり、サインしたカードの絵柄が変化したり……。使うモノは小さくても、見る人の心が大きく動く。カフェでトークの合間に気軽に見せたり、不思議を数人で独占する贅沢さ。それが、小さなマジックの魅力です。

 昔は「そんな小さなマジックじゃ成功しないよ」という人もいましたが、いまはその魅力を感じる人が増えてきました。『奇跡の指先』のタイトルで2時間のテレビ特番、厳格なプライベートクラブや海外ブランドでのパーティ、ホテルでのディナーショー。小さなマジックと僕にチャンスをくれたのは、不思議なことに、多くが女性のプロデューサーや担当者でした。

 考えてみると「女性」と「不思議」の相性はぴったり。古くは、邪馬台国の女王、卑弥呼がシャーマンとして不思議な術で人々を魅了し、エジプトのファラオ、クレオパトラが巻かれた敷物からから現れてカエサルを驚かせたのはよく知られたエピソード。僕が12年間続けているマジックレッスンも、参加者の多くは女性です。

 そんなこともあり、女性向けのマジックの本を出版したいと、ずっと思っていました。本のタイトルにある「女性のための」という言葉は「女性が演じる」と「女性に向けて演じる」の2つの意味を含んでいます。

 本書で紹介されているのは、トランプの数字A~Kと同じ13のマジックに、応用編を加えた52のマジックです。本の裏表紙でもマジックができるので52+1。これはトランプ1組のカードの枚数と同じです。僕と共著の角矢幸繁さんの2人で、マジックが初めての方でも楽しめる作品を厳選しました。僕がそれぞれのマジックの紹介、セリフを含む演技構成を書き、角矢さんはトリックの出典や、やり方の説明を担当しました。

 世界でも希有な女性のためのマジックの本。トランプを片手に読んでも、ワインと共にマジックの世界に触れるだけでも……。でも、マスターしたら、絶対誰かに見せたくなるはず!

前田知洋
(本書「はじめに」より)

この本の著者について